「創造神 ラファエル」のブログ

現行は完全フリーです。2020年5月4日。 当方は日本国で「神」の称号を受ける必要はございません。             ブログの主題は創造神相当である「天の力」を示すのが目的です。

【独語・ホソキュリアン】栗原市の山奥 細倉マインパークは独自の世界 地元エイリアンも登場し、何処の住人なのか!!? 日本人ではないのは確か 異様  厨房議会が作った独自の神話世界でしょう お里の教育レベルが知れる【NHK仙台】

 

 「いだてんオリムピック噺」で有名な宮藤官九郎の出身地、

栗原市の山奥の観光です。 いだてんとは、栗原市のいだてんらしいですよ。

NHK栗原市、総理大臣では秋田県湯沢市です。

 

最初にタイトルの「厨房」とは、調理室の事です。当たり前ですが・・。

掲示板でのインターネットスラングの読み方で、中坊を厨房と変えて変換します。

要するに厨房と書かれれば、精神レベルが中卒であるということですね。

2000年の頃も厨房議員の議会ですから、

過去にけしからん事を積み上げていたのですね。

この自治体は20年経っても中身は同じです(笑)

 

masa-saiban.hatenablog.com

 

 

それでは書いていきます。やっばいお子様天地開闢ワールドです(笑) 

 

 

まずは、 くりはら田園鉄道の「細倉マインパーク駅」がこちらです。

f:id:masafree:20210428184159j:plain

 

 

 いやー、すごい駅であり、プレハブ小屋に駅看板を付けた感じ(笑)

熊が襲ってくるレベルの山奥であるのは、この画像だけでわかるでしょう(笑)

 

横から見ればこの通り、確かに電車の駅であった、すごい(笑) 過疎(笑) 

f:id:masafree:20210428184647j:plain

この過疎駅、既に廃線になってしまわれました。これぞいだてん 映画おくりびと(笑)

 

 

次は、タイトルの「細倉マインパーク」でございます。正面。

f:id:masafree:20210428185819j:plain

 

 

細倉鉱山(銀山)を閉山して創ったテーマパークの全体の見取り図です。

777のラッキー7 仙台七夕が確認できます。

FDA空の便の、出雲-仙台便の定期便が数年前に就航し、

このデビュー価格は、7,777円と出雲大社神職の和菓子付きだったそうです。

なるほど、出雲大社に繋がりました。すごいですねぇ、天地開闢(笑)

f:id:masafree:20210428185710j:plain

 

 

鉱山は、地下6階まであったようです。国道286号の6階です。28は仏教28宗派です(笑)

f:id:masafree:20210428185730j:plain

  

 

 次は、タイトルのテーマパークの主題である「独語・ホソキュリアンでございます。

これは、文面を読めば、カルト宗教です(笑)

f:id:masafree:20210428185332j:plain

ここで、ホソキュリアンの文体説明が出てきます。

いきなり、「愛」などを語り始めるので、これは芸能界から出てくる様な語り口ですね。

  

 

 次に、ここでいきなり客に指令が下ります(笑)

観客は、ホソキュリアンの「赤ちゃん」にならなければならなかったのです(笑)

f:id:masafree:20210428185352j:plain

 

 

 

最初に、原始が始まる前の、

宇宙空間 仮想惑星「ホソキュリアン?」の起源みたいです(笑)

近くに土星も吊ってあって、とりあえず創ってみたが空間がないって感じでしょう(笑)

この状態で公転したら実に面白そうです(笑)

それと、なぜに天井照明は、「赤」なのか?

普通は宇宙は「青」と「白」なわけです。宇宙空間もパラレルワールドの様です(笑)

f:id:masafree:20210428191603j:plain

  

 

 

 次が、テーマパークの主題である「ホソキュリアン」が出現する前の、説明看板です。

この看板では、「地球=ホソキュリアンだったのか!!?」

と、厨房議会から真実を言い渡されます。中卒の議会はセンスが奇抜ですね(笑)

f:id:masafree:20210428185403j:plain

  

 

その後、実際に展示に移り、出ました!!原始の時代の地殻変動

そして真ん中の天と地に挟まれた物体が、ドラゴンボールではなく、

ホソキュリアンです。 西遊記みたいですねぇ(笑)

そもそも、ドラゴンボールを集めたのは悟空であり、西遊記です。

ドラマとアニメのミックスです。いだてんですねぇ、宮藤官九郎です。

f:id:masafree:20210428191529j:plain

 

 

 

 これが、ホソキュリアンのアップであり、クラゲみたいです。

地球の何処にこのような物体があるのでしょうか?

私は見たことはないのて、独自の宇宙生命体でしょう。地球ではないでしょう。

宇宙のどこかの星には、このような形状の存在があるのでしょう。

アニメ・ゲームの世界であれば、当たり前のように存在しそうです。

f:id:masafree:20210428191542j:plain

 

 

 ほら、ドラゴンボールです(笑)

揃えば願いが叶う、まか不思議ワールドです。

ドラゴンボールが本当に乗っかっています。

f:id:masafree:20210428195542j:plain

 

 

 

 次は、神の国発言の東京五輪の森、世界の森、鎮守の森です。

杜の都仙台の北側です。その看板説明です。 

森の精は「ケヤキの精」 過去の梅原仙台市長です。

仙台市長はケヤキの精の声が聞こえます。

仙台市民の中では政治家だけは聞こえるのは常識でしょう。 

f:id:masafree:20210428185400j:plain

 

 

その後に、その森林のトンネルに進みます。

いやー、実にお安いガーデニングと言うか、これは「フェイクグリーン」ですね(笑)

いやはや、鉱山内部で、なぜ緑が茂っているのかは、トトロですら理解できないです。

まか不思議ですね。

でも、緑が少なすぎて、網が見えています(笑)

これは法面の植生工事で、種子の発芽率の問題か?

はたまた天候の問題で、そのまま植生の人工網が露出した失敗例でしょう(笑)

f:id:masafree:20210428185532j:plain

 

 

 

場所によっては、それなりの見た目の場所もあるわけで、

南米の植物を真似た「フェイクグリーン」ですね。

f:id:masafree:20210428195310j:plain

 

 

 

 次は、「太陽・天・火の神」のエリアです。

おなじみのモアイ、宮城県気仙沼市の赤穂の塩 元防衛大臣 小野寺五典の故郷の

隣接自治体に世界で初めて出来た、眼が入った現地の石で創った南三陸町のモアイ。

細倉マインパークのこちらは単なる模造品ですね、レプリカですね。

モアイは誰でも知っているチリ イースター島のそれなので、

まぁモアイで素通りです。

 f:id:masafree:20210428200040j:plain

 

 

 

 他に、通路の中で、鍾乳洞チックな池と神話的絵柄の絵画です。 

非常に拘ったものですが、なぜか橋は単なる人工芝みたいなカーペットです。

てか、芝ではなく、カーペットです。不思議ですね。

橋の縁部分は、これは竹ですね。さすがは仙台七夕です。

f:id:masafree:20210428195446j:plain

 

 

 

場面は移り、何か遺跡の入り口のような重厚に見えるレプリカのモニュメントです。

エジプトのピラミッド内の絵と似た描写が描かれているようです。

天皇皇室の家紋である、菊の紋は、エジプトから出土した装飾品のデザインです。

知っていましたか? エジプト・太陽神ラー=天照大神みたいな、

そんな装飾品のデザインつながりです。神様は違うでしょう。

f:id:masafree:20210428195929j:plain

 

 

そして、お待たせのエジプトファラオです。まずは電磁ボールです。

ここは、ホソキュリアンコーナーの電磁ボールを触れると、

ファラオが7色に浮かび上がるそうなのですね。

f:id:masafree:20210428221301j:plain

 

 

ついに出ました、太陽神 ファラオ。 皇室天皇がお気に入りのことでしょう(笑)

私も太陽神 ファラオになりたい、ラーの如く眼からビームを発射したい。

宮内庁の「現人神」化計画の、必須な所でしょう(笑)

f:id:masafree:20210428221201j:plain

 

 

次に、火山の溶岩を再現したものですね。 

山の神 富士山天皇誕生日の、神の怒り、天変地異のなんたるかですね。

大自然の脅威=神」と言うモニュメントでしょう。

これはなかなか凝っておりますね。

f:id:masafree:20210428200117j:plain

 

 

 

次に移り、ここから日本の神話世界でしょうか?

女神であるのは、当然に「天照大神」に重ねているからであり、

女性ばかりであり、この土地の趣味はそこか?

と感じられるわけであります。 

火の神とは、火伏せの神 秋葉神社の流れで、

ジブリ・ワールド「構想」秋葉けんやです。

f:id:masafree:20210428195037j:plain

 

 

 

この絵画も、そのまま日本神話に沿った日本神話らしい描写ですね。

f:id:masafree:20210428185541j:plain

ですが、現実、日本国内の遺跡では、ほとんどはこのような大きさの絵画は、

古墳等の壁画に描かれて居らず、一部の神獣などが日本の埋蔵文化財として、

描かれたものが、状態もあまりよくなく、発見されている感じでしょう。

なかなか、日本の古墳群は、埴輪は多いが、壁画は少ないのでは?

エジプト並みの遺跡がほしかった厨房議会のこん身の作品と言えるでしょう(笑)

 

 

 

 

政治家の思想のなんたるかが散りばめられているようで、

いだてんの東京五輪の今を狙い、昔に先取りしたと言うことでしょう(笑)

先取りしすぎて、まず「細倉田園鉄道」は廃線済みです(笑)

  くりはら田園鉄道は、この細倉鉱山の、岩石を運び足すための電車です。

要するに、「天空の城ラピュタ」のトロッコ電車ですね。

f:id:masafree:20210428214026j:plain

 

 

 

天空の城ラピュタの、シータを手に入れた親方の所のあれです(笑)

f:id:masafree:20210428214106j:plain

 

 

 

下が、トロッコ列車が走っておりましたよ~と言う「くりはら田園鉄道」ですね。

f:id:masafree:20210428214051j:plain

 

 

 最期に、このテーマパークは、宇宙人でございます(笑)

f:id:masafree:20210428202450j:plain

 

 

 

これが宇宙人です。本田技研工業の「H」マークが確認できます。

栗原市はホンダのファンなのでしょう。

ちなみに大崎八幡宮の祭神 応神天皇は、ホンダワケノミコトと言います。

なるほど、伊達が好きなのはホンダでした(笑) 

f:id:masafree:20210428202424j:plain

 

 

 下記ブログの方の写真を拝借させていただき、記述しました。

 

 

papicocafe.blog.jp

www.another-tokyo.com

 

blog.livedoor.jp