「創造神 ラファエル」のブログ

現行は完全フリーです。2020年5月4日。 当方は日本国で「神」の称号を受ける必要はございません。             ブログの主題は創造神相当である「天の力」を示すのが目的です。

【日本神道排除】仙台藩の政治家・宗教に、未来永劫「太陽エネルギー」を寄与することはあり得ない。これは東京も同様である【信教の自由】

 

 当方が、2012年4月23日に精神科 青葉病院へ監禁されたのは、

この仙台藩の政治家と宗教者らが、

当方の「太陽エネルギー」を土地で回収するため、

当方を土地に拘束・監禁したと言う、

実にサイコパス思想」の理解できない犯罪です。

 

これは、結果論であり、本来は仙台藩と言う犯罪の土地が、

宮内庁に対して、当方の「太陽エネルギー」が提供できるように、

当方を土地に計画的に拘束したのです。

 

 当方は、2017年より本日まで、特にこの一年間は、

自民党が雇った山口組らヤクザらに、スピリチュアルによる攻撃を受け続け、

毎日殺されておりました。

その目的は当方を殺して、当方の力を自民党らの物にすると言う計画だったからです。

 

当方は、今回の自民党政権による犯罪の全容を解明し、全貌を知り得ました。

当方への迫害は、ずばり自民党政治神社本庁の宗教であり、

今日まで途切れることなく当方への危害を与える行動が、

多くの人員を常時動員して続いたことから、この神社神道は、

既に危険なカルトであると断定して、全排除することとしました。

 

また最近では、当方の「太陽エネルギー」の生産を自民党山口組らに妨害され、

現行で本来の「太陽」での生産から、他の恒星でのエネルギー生産に切り替えています。

 

自民党と言う犯罪政党は、ヤクザを用いた脅迫・強盗殺人である、

当方への脅迫のみであり、人間性の欠片も見られなかったことからの、

タイトル通りの対処です。

 

 また、仙台藩伊達文化は、長年800年に亘り、当方の血族を騙し

その宗教的エネルギーを搾取していた、まさに伊達藩は詐欺の典型であり、

当方は確実にこの土地の宗教者の相手をすることはございません。

 

この土地は指摘されても、平然と証拠隠滅をして取り繕うひき逃げの土地です。

全て面会謝絶であり、相手にする理由がございません。

 

当方は、仙台藩の官と、宗教の話をしたことは一度もございません。

当方は、平成の30年間生きて、その宗教文化に騙されたのです。

当方は、話も聞かない仙台市役所に精神科へ監禁されたのですから、

対話が出来ない存在と会話するいわれがないわけです。