恒星による太陽で「太陽神証明」をするブログ

現行は完全フリーです。2020年5月4日。 当方は日本国で「神」の称号を受ける必要はございません。             ブログの主題は太陽神相当と言う「天の力」を示すのが目的です。

伊達政宗の 創造神 のエピソード 空飛ぶ宮殿「ヴィマナ」

 

 伊達政宗と言えば、「梵天丸もかくありたい」。

あの「独眼竜政宗」での当時の格言はこれが全てだと思われます。

 

この「梵天丸」と言う幼少の名。

梵天とは、仏教に於ける天部の神の一柱です。

 

masa-saiban.hatenablog.com

 

 梵天は、「いだてん」などと同じお仲間の、下記に詳細説明を転載しましたが、

 仏教の十二天の一柱であり、ヒンドゥー教の創造神「ブラフマー」です。

頭部が4つある神様です。「阿修羅神」の別な形態と申しましょうか・・。

 当然に、阿修羅像で有名な破壊神は、ヒンドゥー教の「アスラ神」と同じです。

 

ちなみに、「いだてん オリムピック噺」の韋駄天は、

仏教に於ける「韋駄天」であり、ヒンドゥー教の「スカンダ」です。軍人です。

 

平成30年間は、アニメ「スタジオジブリ」の作品が、映画界として

世界にもそのブームを広め、自民党の文化発信における威信となったと思われます。

このジブリと言えば、「天空の城 ラピュタ」であり、

この作品は、そのままヒンドゥー教の寺院の廃墟である、カンボジア

ベンメリア遺蹟」と「エコーの祠堂」であることは、知る人は常識の範疇でしょう。

 

ラピュタの題材である、インド「ラーマーヤナ」の叙事詩は、

その物語の中で、シーター王女が描かれると共に、

ヒンドゥー教超古代文明たる、空飛ぶ宮殿「ヴィマナ」が

その実世界での凄さをアニメの仮想世界に置き換え、描かれていたと思います。

 

例えば、今般の「2020年3月20日 人類滅亡」で有名であった、

ヒンドゥー教のインド・コナーラク太陽神・スーリヤの寺院」の車輪がついた

あの遺物は、まさに壁に車輪が描かれているように、

過去に現実に空を飛んだ寺院です。

 動くから車輪が存在する。動かないものに車輪を付すのは愚の骨頂です。

 

この空飛ぶ寺院が飛んでいた年は、BC.3659~8年及びAD.469年の事です。

 

アカシック・レコード能力をお持ちの皆様は、各々が、その秀でた能力で

検証されるとよろしいと思われます。

 

masa-saiban.hatenablog.com

 

その空の飛ぶシステムは、当時の「太陽エネルギー」と「DNA変換」を用いた、

動力システムであり、寺院全体の物質の材質変換と、

反重力として太陽エネルギーのエネルギー性質を加工した、反重力システムです。 

 

材質のDNA変換が可能な、高度な超能力を用いて一時的に全く異なる材質として

寺院に浮力を与えるシステムであり、現行ではインドにはその能力者は居らず、

未来永劫 寺院が空を飛ぶ事はないのは当然のことです。 

更には、現行の寺院には浮力のための太陽エネルギーは全くなく、

寺院も通常の岩石の自然物でしかありません。

 

太陽エネルギーとは、その通り太陽で生産されるエネルギーであり、

宗教者の神通力のエネルギー全ての源はこの太陽エネルギーです。

単純に、エネルギー性質の問題であり、加工すれば別なものになります。

 

また、念のため記載しますが、太陽光エネルギーの中には、

宗教に於けるここで記述の「太陽エネルギー」は入っておりませんので、

誤解されませんようお願いします。

この書き方は、神通力を使用するためのエネルギーと言う解釈であり、

太陽光エネルギーにそのスピリチュアル方向のエネルギーが全く存在しない

書いているものではございません。

 

さて、本題の伊達政宗の幼少時代の「梵天丸」の中身です。

 上記でも書いたとおり、「梵天」とは、ヒンドゥー教の「創造神ブラフマー」です。

 

創造神ブラフマーの乗り物(バーハナ)は、白鳥であり、これが仙台の南側の

仙南にある蔵王町 刈田嶺神社 祭神:白鳥大明神「日本武尊」となります。

 

 

 

 

 

 

 

ブラフマー
ブラフマー
知識と宇宙の創造者、ブラフマー[1]
デーヴァナーガリー ब्रह्मा
サンスクリット Brahmā
位置づけ デーヴァトリムルティ
住処 ブラフマプラ英語版メール山に位置する)
シンボル ヴェーダ、水の入った器
配偶神 サラスヴァティー[2][3]
ヴァーハナ ハンサハクチョウ

 

ブラフマーヒンディー語ब्रह्मा Brahmā)は、ヒンドゥー教の1柱、創造神でありトリムルティ最高神の3つの様相)の1つに数えられる。4つの顔を持ち、それぞれの顔は四方を向いているとされる[1]ブラフマースワヤンブー英語版Svayambhū 自ら産まれる者)や[4]、バーギーシャ(Vāgīśa、言葉の王)という名でも知られ、4つの口のそれぞれから4つのヴェーダを紡いだとされている[1][5]ブラフマーは時にリグ・ヴェーダに語られる創造神であるプラジャーパティと同一視され(リグ・ヴェーダの神々英語版)、またカーマや宇宙の卵であるヒラニヤ・ガルバ英語版との関連が指摘されることもある[6][7]ブラフマーヴェーダ後の時代になってヒンドゥー叙事詩英語版プラーナ文献の神話の中で存在感を増した。叙事詩の中で彼はプルシャの性格を引き継いでいるとされることもある[1]ヴィシュヌシヴァとともにトリムルティの一角を担うが、古代の文献ではブラフマーの含まれない3柱を最高神の3人組に数えている[8][9][注 1]

ブラフマーはしばしば宇宙と様々な生物の創造主であると語られる。

 

ja.wikipedia.org

 

 

梵天(ぼんてん)は、仏教天部の一柱。古代インドの神ブラフマーが仏教に取り入れられたもので、十二天に含まれる。brahmanの音写。 ブラフマーは、古代インドにおいて万物実存の根源とされた「ブラフマン」を神格化したものである。ヒンドゥー教では創造神ブラフマーはヴィシュヌ(維持神)、シヴァ(破壊神)と共に三大神の1人に数えられた。

帝釈天と一対として祀られることが多く、両者を併せて「梵釈」と称することもある。

 

位置付け[編集]

バラモン教の神が仏教に取り入れられ、仏法の守護神とされ、梵天と称されるようになった。なお、釈迦牟尼悟りを開いた後、その悟りを広めることをためらったが、その悟りを広めるよう勧めたのが梵天帝釈天とされ、この伝説は梵天勧請(ぼんてんかんじょう)と称される。

また、天部(六道十界の1つである天上界)は、さらに細かく分別されるが、色界十八天のうち、初禅三天の最高位(第三天)である大梵天を指して「梵天」と言う場合もある。神としての梵天はこの大梵天に住み、その下の第二天である梵輔天には、梵天の輔相(大臣)が住み、さらにその下の第三天である梵衆天には、梵天の領する天衆が住むとされる。

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

ja.wikipedia.org