恒星による太陽で「太陽神証明」をするブログ

現行は完全フリーです。2020年5月4日

【信用が消えた三流国家】私から見れば、「女子大生」は自民党が操る単なるスパイ工作員【捨てて必然】

 

 これは、私の立ち位置の場合は真実であり、

今後、この女子大生は当方から完全排除し、

余生を送って日本人の人生は完了します。

そして日本国は捨てて、来世は全く違う世界を見ます。

 

日本は見る必要、意味が消えた。日本は私からすれば全てが終わった。

私の中では、この日本国で人脈を構築する努力はとても愚かなことであり、

その1秒1秒が全く以て不毛であり、そのような事に努力する事が全く理解できない。

 

当方は全く望んだことはないが、なぜ当方が日本国で1700年以上も騙されたのか?

世界でもっとも理解できない国であるのは間違いないだろう。

 

そのような場所でパートナーを探す事が理解できないし、

女子大生=スパイと定義して、当方の場合は全く差し障りがない。

 

それだけ信用が消えた、終わった国であると言うことだ。

 

 

私は日本国は捨てます

 

 私は、今回限りの人生で日本国は捨てます。

それが現在の私の一番の望みであり、

私はこの日本国で前世を含めて1760年間騙され続けた。

 

日本国はあり得ない国であり、私が捨てるのは必然。

日本国と言う国はもう終わりだが、

残りの滅びまでの時間を個々が楽しめばいいのでは?

 

 日本は、もう終わっているわけで、

ここには希望が無いのは明白。

これから瞬く間に転げ落ちるのではないだろうか?

 

日本国の神・仏は、本日11月13日 茨城県民の日に滅亡しました

 

 


11月13日(じゅういちがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から317日目(閏年では318日目)にあたり、年末まであと48日ある。

 

記念日・年中行事

 

うるしの日(日本の旗 日本)
平安時代文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が京都の法輪寺に参詣した時に「うるしの製法」や「漆器の製法」を虚空蔵菩薩から伝授されたという伝説から、その満願の日である11月13日を「うるしの日」に制定した。


茨城県民の日(日本の旗 日本 茨城県の旗 茨城県
明治4年旧暦11月13日(1871年12月24日)、廃藩置県によって茨城県の名称が初めて使われたことに由来し、茨城県が1968年(明治100年にあたる)に制定。


11月13日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/11%E6%9C%8813%E6%97%A5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1725年バルセロナ あんば様 大杉神社 は全排除で・・・

 

 当方は、過去に「無神論者」になり、神は信仰しなくなりました。

そもそも神社などは人生上、特別に興味もなく社会人になっておりましたが、

 

当方は日本国に騙され、宗教により精神障害者を強要されたことから、

日本国に於ける宗教は全排除致しました。

 

日本国憲法は、下記の通りとなっております。

  

第十八条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
第十九条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
第二十条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
○2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
○3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

 

当方の人生に於いて、国と自治体は上記文面を全く守っておらず、

当方の人生に於ける損害は計り知れなく多大なものであり、到底看過出来ません。

 

当方は、仙台に於いて 

特に青葉神社の七夕、そして大崎八幡宮などの宇佐八幡系、

そして青葉区国見の仏教及びキリスト教 

米国GHQ、フランス仏、赤い悪夢ベルギー美少女コンテスト、

このような思想である、日本では小野小町+108寺により、

平成30年間で重度の精神病名と仕立て上げられたものです。

 

 当方は、2012年4月23日 上皇の沖縄訪問の記念日に、

精神保健福祉法に於ける「医療保護入院」として、精神病院に監禁されたものであり、

その入院期間の1年3ヶ月は3剤処方 大量の抗精神病薬に依る副作用で、

地獄の苦しみをを味わい、また入院時の服薬量のまま退院後も4年強、

トータルで5年半の大量の服薬を続けて、体も廃人になりました。

 

完全に「神はありえない」と言う「無神論者」になったことから、

日本国に於いて、当方が神を認め、また当方が日本国に於いて既存宗教に近づくことは二度とありません。

 

 当方の家系であった武家三塚は、過去に大杉神社の神道称号を有していたと、

過去に栗原市から匿名で訊いたことがありました。

その後に当方は、精神病院に監禁され、妄想者として仙台市他に侮辱されたことから、

当方は、「大杉神社」は全排除としました。

 

当方は、海上交通と疫病の治療に特化している「大杉神社」と神道称号は、

家伝として、当方の血族から聞き及んでおりませんでした。

 

最初から相手する価値無き宗教であり、またこの過去の血塗られた歴史を、

国と自治体らに逆手に取られて、当方が致命的な実害を受けていたことから、

当方自身は、完全に利益なく実害のみの神社であり、

茨城県を相手にする価値は、微塵にも無くなりました。

 

 

当方は、そもそも漁師ではなく、「大杉神社」や「盬竃神社」は無関係であり、

今回の「秋篠宮皇嗣」が11月8日での礼で、当人が素戔嗚尊に昇格したと考えられます。

 

当方は 神社 はお断りです。

 

本来、当方の武家が過去の大杉神社の奇跡の1ページを創ったのであり、

格下の宗教の名が、なぜ当方に必要か?

あり得ないことあり、そのようなブランドは、最初から相手にしないものです。

 

 当方は、近年の日本国に於ける神社の宗教領域の加護のチェックをしましたが、

とても看板の様な仕事を達成しているとは思えず、眉唾であり、

相手にする価値無き存在と考え、相手にしておりません。

 

既存の慣習慣例と歴史が創り上げた「誇大妄想」の一種と分析し、

遠目で観ているところです。

 

当方は単体では無名でありながら、「怖ろしい力がある人」と、

地域で言われておるわけで、それが「触らぬ神に祟りなし」と呼ばれる、

過去の 武家三塚のゆえんでしょう。

 

 当方は、国に刺客を送れ込まれ、

人類を精製した「宇宙人 アヌナンキ」とも全面的に対峙したことから、

宇宙人よりも遙かに弱い、赤子のお遊戯である神社は、存在しないものと考え、

特に問題はないでしょう。

 

当方の立ち位置では、スピリチュアルの世界の中は、相手にする価値もないでしょう。

 

 

 

 

国家公務員・東北農政局は、公務員犯罪の象徴

 

 

 本日は、10月28日。 上野動物園の犯罪の日です。

当方の人生は、この上野動物園で破壊されました。

10月28日は、上野動物園にカンカンとランランの初代ジャイアントパンダが、

中国より到着した日であり、この絡みで当方は東北農政局に50年前より今日まで騙されたと言うことです。

 

この実に用意周到計画的な縦割り犯罪と言うものは、権力濫用の象徴であり、

当方が何度電話で排除しても、延々と当方の名を一方的に執着し忘れず、

寄生虫の如くへばり付いてくる輩であり、政治家及び公務員は、

まさに当方からすれば明らかに「魑魅魍魎」と断言できるでしょう。

 

当方はこの与党と東北農政局に今日まで騙され、この輩は同じ穴の狢の司法権力とも組み、当方を精神病院で社会的に抹殺した人殺しの集団であり、当方の名を用いることは、倫理上あり得ない犯罪です。全てに於いて日本国憲法違反です。

 

 本日は、1886年自由の女神像の除幕式が行われたとされますが、当方からすれば、この汚らわしい縦割りの犯罪者らから自由になる、それが当方のブログの命題であり、当方はそのために日々、官側を電話で全排除しているわけです。

 

当方がこの縦割りを電話で排除し、電話を止めると、すぐにこの官側はこそこそと犯罪を始め、当方の電話でのクレームが止まらない。そのような事態がこの2年間継続しています。

まさにこの縦割りは頭がおかしい集団であり、当方が職を辞して静かに余生を送ろうとしても、一方的にヤクザを送りつけてくる犯罪集団です。

 

特に宮城県庁側であれば、知事である自衛官 村井嘉浩。この自衛隊のヘリによる挑発が毎日頭上を故意に通り騒音の嫌がらせを続け、これは団地の住民も把握している自民党側の犯罪であり、このような国家公務員の犯罪は、裁判所側にも及び、既に国家公務員=犯罪者の図式が成立していると当方では認識しています。

 

当方は東北農政局に騙されて、世襲の如く故意に就職先を塞がれて宮城県農政部に入れられたものであり、しかも組織は当方を一切必要としておらず、騙して採用して当方をすぐに始末しようとしていた村井嘉浩の組織であり、当方が組織内で計画的にストーカーにでっち上げられ、精神病院へを通院を強要し、そして退職した後は、東北農政局土地改良技術事務所の隣に位置する精神科の青葉病院に警察権力で当方を監禁した。このような使い捨て、あげくには追っ手を放ち精神病院で当方を殺す悪魔集団を、当方の人生では他にそのような悪魔を観たことがない。犯罪中の犯罪です。

 

 この東北農政局は、当方が2012年4月23日に宮城県警台北警察署及び仙台市泉区障害高齢課により医療保護入院として監禁された時期に、仙台の農政局が入っている国の合同庁舎の警備員に対して、当方を庁舎内に入れないように伝えていた組織であり、また当方の青葉病院の強制入院への通報の主体は、この犯罪組織です。

 

当方の青葉病院への監禁の黒幕は上皇自民党らであり、当方の監禁から既に8年もの歳月が流れましたが、進行形で犯罪の東京が当方の個人情報を盗み続け、権力濫用の犯罪を継続しているわけです。東京の犯罪政治は終わったのだと断言できるでしょう。

 

本日10月28日は、東北農政局の次長クラスの職員が宮城県警に案内され、パトカーに同乗し当方の買い物途中の自転車での走行の道路同車線をすれ違ったわけであり、完全に東北農政局は当方に対する刑事事件に相当するストーカーそのものです。

 

当方は、上皇の沖縄訪問日である4月23日に監禁された公務員らによる謝罪を一切受けておりません。当方は現行で公務員と言う人種は全く人として信用しておらず、当方は住民票等の自分が必要な事務手続きすら、公務員がどのような犯罪を当方の目の前でするか、全くその異常行動に対して不信感を持ち信用できず、現行では一切役場の庁舎には入らないことし、全ては郵送での事務手続きに切り替えています。

 

そのような中で、当方は官による日々の犯罪で、現行で市民権を失っています。当方は居住地生活圏では人脈を構築することも不可能になっており、当方は市民センターにはしばらく前に「仙台市民は辞めた」と主張もしているわけであり、このような犯罪めいた土地が日本に存在することに驚きを感じ、当方は今回の人生で日本人は辞め、来世からは確実に日本は離れようと決心もしたところです。

 

 

 

 

 


10月28日(じゅうがつにじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から301日目(閏年では302日目)にあたり、年末まであと64日ある。


1886年 - ニューヨークの自由の女神像の除幕式が行われる。

1952年 - 日本テレビ放送網設立。

1972年 - 中華人民共和国から日本に贈られたパンダ「カンカン」と「ランラン」が上野動物園に到着。

1984年 - 天皇賞ミスターシービーが優勝し、中央競馬史上初の四冠馬となる。

2008年 - 日経平均株価が取引中にバブル崩壊後の最安値6994円90銭を記録。


参戦記念日/”No”の記念日(ギリシャの旗 ギリシャ
1940年のこの日、ギリシャ第二次世界大戦に参戦した。

群馬県民の日(日本の旗 日本群馬県
明治4年10月28日(グレゴリオ暦1871年12月10日)に廃藩置県により「群馬県」の名称が初めて使われたことを記念し、群馬県が1985年に制定。この日の群馬県は休日扱いになる。

岐阜県地震防災の日(日本の旗 日本岐阜県
1891年のこの日に発生した濃尾地震にちなみ、岐阜県が2005年に制定。

 

10月28日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/10%E6%9C%8828%E6%97%A5

日本の太陽、竜宮城の仙台の太陽は滅亡した、そして日本国は終わった

 

 日本の太陽が8月22日に滅亡しました。

この国は終わったわけで、この仙台の太陽に於ける「泉」、

その根源が全て失われたわけです。

 

今年は、干支に於ける第37番 庚子なわけですが、

これは新しい「泉」を本来表します。

 

陰陽五行では、陽の金と陽の水であり、泉が湧くことを意味します。

でも、仙台は背信で「泉」は湧かなかった。そのまま涸れた。

 

下記に恒星太陽の活動に於ける黒点データを転載しましたが、

8月22日より太陽黒点が0個になりました。

f:id:masafree:20200925225608p:plain

f:id:masafree:20200925225722p:plain

f:id:masafree:20200925234628p:plain

swc.nict.go.jp

 

 

太陽は、活動が高ければ高いほど黒点数が増大します。

言うなれば、太陽黒点が0個になったと言うことは、

活動が最も低いレベルに、太陽は死んでいるのと同義なわけです。

 

その8月22日は、歴代の仙台市長の任期開始日であり、

ここから仙台の太陽は滅亡した、愛子駅も滅亡した、

仙台の宗教が破滅したと断言できるデータになるわけです。

 

 現行で、この仙台である「宮城県」、

宮城とは過去の皇居の名前である「宮城(きゅうじょう)」ですが、

竜宮城が過去にあった場所が琉球王国であり、首里城も炎上しました。

 

日本国には既に神はおわさないわけであり、

当方も、「心の眼」と言うもので、日本国は眼を細めて観ている。

今後は当方がこの国に対して、プラス思考で観ることはそう無いであろうし、

当方は現行で心意気では日本人は辞めた。

 

仏教に於ける経典の教えは、碩舎論と唯識であるが、

当方は「唯識」というものをこの国で学んだことはない。

 

当方は、この国は大変恥ずかしい国だと考えており、

当方は騙されれば、背信を受ければ、あとは捨てて離れていく。

その流れなので、当方は仙台藩は、宮城は全て「断捨離」するわけです。

 

 最近では、「三塚博」に絡む「大杉神社」の管轄界隈で異変が生じています。

最近の「競馬」に関する事故や、「海産物」の異変、事故等、

 

ここが大杉神社の管轄ですが、当方は大分前からもう観ないこととした。

 

当方は、醜い政治家と同じビジョンを観たくないわけで、

完全に無関係になりたい、知的財産を共有したくないわけですね。

 

 当方は散々たる侮辱、名誉毀損をこの仙台藩の土地で受けたから、

この土地そのものを心の中から消滅させた。

 

当方のそのようなこの3年間であり、特に強力にそうしたこの2年間であった。

 

 

日本国から「神」と「仏」が消えた。

日本国は宗教国ではない。日本国には国教は存在しない。

 

当方もこの仙台での侮辱を受けた不快さから無神論者となった。

当方はこの仙台で人権が保障されなかったから、

当方も「神の国」は断じて認めない。

 

断捨離して、人間として相手にせずに、人生を邁進するのみです。