恒星による太陽で「太陽神証明」をするブログ

現行は完全フリーです。2020年5月4日。 当方は日本国で「神」の称号を受ける必要はございません。             ブログの主題は太陽神相当と言う「天の力」を示すのが目的です。

神の国発言 鹿島御子神社 海上交通の神 118

  

 

 

 

鹿島御児神社
鹿島御児神社拝殿
所在地 宮城県石巻市日和が丘2-1-10
位置 北緯38度25分26.3秒
東経141度18分26.3秒
主祭神 武甕槌命
鹿島天足別命
社格 式内社(小)
県社
創建 不詳
本殿の様式 三間社入母屋造
例祭 5月15日



ja.wikipedia.org

 

 

三塚 (神道称号 大杉神社もしくは長野県の天狗)と言う過去の武家は、全て亡びました

 

 まず、芸能界方面で、三塚の親分、三塚の運気の神様 などと、

そのような自称で発言している輩は、全てはまがい物です。

 

これらは、当方の血族を殺し、霊媒を盗み、成り代わった犯罪者もしくは仲間です。

 

こちらの確認では、今回の自民党の政治で、

長野県の天狗の三塚(ブルーアイの外国の血筋)と宮城県の三塚、

日本国に於ける「天狗」としての三塚は、

山口組、稲川会、暴力団、ヤクザらに殺され、日本国から消滅しました。

 

 当方は、三塚の力は所有しておりません。

当方は生まれた時点で、外の者でしたので、何も引き継いでおりません。

 

問題なのは、宮城の政治家には犯罪者まがいが多いわけで、

当方の姓は、三塚として戸籍が存在したことはないのに、

宮城の政治家らが自分たちでやった犯罪を当方に被せてくると言う、

実に醜い所行の土地であり、呆れかえっているところです。

 

 

 

【天の力で排除】当方は、新型コロナウイルスによる、外出時のマスクは一切付けません

 

(神社=バイオレットライトと言う概念で政治と宗教の場合、紫で強調します。)

 

 日本神道には、「現人神」と言う言葉がありますが、

宮内庁のそれは、まさに物笑いの種であり、

なぜ神様なのに風邪に異様にそのウイルスをお気になさるのか?

宮内庁関連の有様には、これは失笑するしかない茶番でございます(笑)

マスクが必要な神様は、当然に人民に対して、「行幸」などと言う、

幸せをまく公務をするなど不可能であり、

神社境内の水でもコロナを意識するあのシステムも、

最初から神域などない境内も俗世でありますから、

神社本庁は目くらましであると、誰もが理解できる神社側の素行です(笑)

 

通常の人間が、ワクチンを求めてその現場が混乱するのは当然であり、

実際に陽性患者数も増え、国民はピリピリしているところですから、

マスクを気にするのは当然のことです。

当方も店の中では、確実にマスクは、「やってます主張」をして付けております。

しかしながら、外での3密にならない場所では、当方は当然の如く外しています。

 

マスクは、他人にうつさないエチケットですので、

当方は室内でも付けなくても良い場合は、全然付けません。

結局、免疫が弱い方が必須なわけで、個々で差があるだけでございます。

 

 

 

 

 

 

神の国発言」の全文[編集]

2000年5月15日、神道政治連盟国会議員懇談会結成三十周年記念祝賀会における森の発言

 神道政治連盟国会議員懇談会の三十年ということで、おそらく話があったんだろうと思いますが、この綿貫先生は、綿貫先生はまさしく神の子でありますから、しかも、きわめて位の高い神官でありますから、綿貫さんと私たちは同期生、同じ昭和四十四年の暮れに当選をした。綿貫先生はその纏め役をされておるわけでありますけれども、同じ同期には、当時二十七歳であった小沢一郎さん、その次に若かったのは私、その次に若かったのは私より二つ上の羽田孜さんでした。その次は大阪の中山正暉さん、梶山静六さんもおられましたし、江藤隆美さん、松永光さん、浜田幸一さんと多士済済、いろいろな方がおられた。本当に小沢さんをはじめとして、世間をお騒がせするものが私も含めて、たくさんおったのが、昭和四十四年組でございまして、その中で私どもが、綿貫さんの指導を仰ぎながら、神様を大事にしようという、最も大事なことであり、世の中忘れておるではないかということで、いわゆる神社本庁神道政治連盟、国会議員懇談会を設立したわけでございますから、まさに私達が中心になって設立し、この活動をさせて戴いたものと自負しておるわけでございます。

ja.wikipedia.org